So-net無料ブログ作成
検索選択

ランニングシューズのかかとの外側がすり減る原因はオーバープロネーション [回内足]



あちこちのサイトを見ていると情報が錯綜
しているようですが

オーバープロネーションの人は基本的にラ
ンニングシューズのかかとがすり減りま
す。

オーバープロネーションの人のランニングシューズのかかとのすり減り方

これはオーバープロネーションの人の足の
動きを考えれば、はっきり分かります。

まず、オーバープロネーションになるメカ
ニズムを簡単に説明すると


オーバープロネーションの人は足底が弱い

オーバープロネーションになるのは足底や
足首周りの筋肉骨格が弱くなっていて真
っ直ぐ足を蹴り出すことが出来ないことが
根本原因です。

足裏を真っ直ぐ蹴り出そうとすると、
足の指
→指の付け根
→足底のアーチ(筋肉、腱、骨格)
→足首
→ふくらはぎの筋肉
へと力が加わっていきます。

この時に指の付け根や足裏には全体重がか
かってくることになります。

ランニングする時の正常な足底の動き

しかし、運動不足による筋肉や骨格の弱体
化や、場合によってはねんざなどによって
体重を支えきれなくなるとどうなるか


親指の付け根付近から荷重を内側にそらす

真っ直ぐ足を蹴り出そうとしても指の付け
根や足底の筋肉や骨が耐えられないので、
荷重を親指の付け根付近から体の内側に抜
けるような足の動きになります。

足首のねんざ、種子骨炎や足底筋膜炎など
足の怪我や病気になった人なら分かると思
いますが、

足裏に負荷をかけないで歩こうとすると、
足の裏を地面と平行にしたぺたぺた歩きに
なると思います。

ただしこのような歩き方は、足がひどく痛
むなど、やむを得ない場合の歩き方で、歩
く速度も遅く、疲れると思います。

ハの字歩行
ハの字歩行


ある程度足に負荷がかけられるようであれ
ば、足をハの字にして歩く、あるいは親指
の内側に体重を抜くように歩けば

比較的に指の付け根や足底、足首に負荷を
かけずに歩くことが出来るはずです。

このような足の動きをするような状態をオ
ーバープロネーションと呼びます。


オーバープロネーションの人が走った時の足底の重心の移動


かかとから着地すると体重移動が楽

親指の付け根付近から体の中心方向に体重
を抜こうとした場合

真っ直ぐ足を出すよりもかかとの外側から
着地した方が、後の体重の移動が楽になり
ます。

真っ直ぐに足を出した場合、途中から体重
移動の方向を変えないといけなくなります


かかとの外側に着地した場合、親指の付け
根付近まで、ほぼ真っ直ぐに体重を移動す
ることができます。


ということで、オーバープロネーションの
人はかかとの外側から着地するので、当然
ランニングシューズのかかとの外側がすり
減りやすいということになります。


関連記事

ランナーのけり足が外側に流れるのはオーバープロネーションが原因








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。