So-net無料ブログ作成
検索選択

足の爪が伸びるのはどうして、そのメカニズムは [雑学]



爪は伸び続けないといけない?

爪は一生伸び続けます。

爪は指を使うときに、必要な物

肉食動物が獲物を捕まえるときにするよう
な爪の使い方は人間には必要ないかもしれ
ませんが

指先の細かい仕事などをするときに、爪が
あればとても便利です。

獲物を捕まえる肉食動物の爪

でも、手の指の爪なら分かりますが足の指
の爪はどうなるのでしょう

馬とか羊なら、走るときに爪が消耗します
から、分かりますが、人間の足の構造上

そんなに足の爪はすり減らないように思え
ますよね。


もちろん人間の進化の過程で、まだ四つ足
で生活していた頃の名残とか

人間がまだお猿さんだった?頃には木の上
で生活してましたから

足の爪も、手の指と同じように、木の枝に
引っかけたりして使っていたのでしょうか

=すり減る事はあったのでしょう。

木の上の猿


それから、爪を何かにぶつけたり、爪の先
を引っかけたりして爪が破損してしまうこ
ともあります。

そんな時に、爪が新しく生えて伸びてこな
いと、困ったことになりますね。


それから、人の足の爪ですが

足の指には歩く時に体重がのしかかります
から、指を保護するサポーターとしての役
目があります。

そしてその力を受け止めるために、横向き
にアーチ型をしています。

圧力を受ける人の足の爪


でも、毎日少しずつ圧力がかかるうちに、
次第にアーチがつぶれ

平らな形になっていきます。

足の爪が平らになってしまっては、重い体
重を支えることが出来なくなってしまいま
すから

少しずつ爪が伸びるだけでは無く、アーチ
の形を保つように伸びていきます。


所が現代人は

あまり歩いたり運動をしなかったり

足先が狭くて足の指を動かせないような靴
を履いていたりして

指を動かせないように制約を受ける人の足の指


足の爪のアーチに体重がかかることが少な
くなって

爪が伸びてアーチが強くなっていってしま


しまいには、巻き爪で苦しむことになる人
もいます。



人の爪の伸び方

爪はほっておくとドンドンすり減っていき
ます。

先の方から削れて短くなったり、爪自体が
薄くなって使い物にならなくなったら困り
ますから

爪の根元から先の方に少しずつ伸びて行き
ます。


爪の伸びる速さは早い順から

親指、人差し指、中指、薬指、小指の順と
なっていて

使う事が多い指から伸びていくのでしょう

爪は1日に約0.1mmちょっと、1ヶ月
で3~4mm伸びます

また爪の伸びる速さは新陳代謝に比例しま
すから、若い人や活発に活動する人

あるいは冬場より夏場の方が爪は早く伸び
ます。

と言うことは、運動したり、身体を温める
(お風呂や温泉の湯船にしっかりとつかる)
ことで、爪は多少なりとも早く伸びること
になります。


人の指の爪の構造


爪はどのように伸びるのか

爪は爪の根元にある爪母(そうぼ)と呼ば
れる部分で作られ、ドンドン外に押し出さ
れていきます。

爪母は、爪の生え際というか、爪が皮膚の
外に出てくるちょっと手前の部分にありま
す。

そして、爪が皮膚から出てくる部分は半月
状にちょっと白っぽくなっています

この部分は爪半月と言い、爪が角質化する
前の柔らかい爪の部分です。

ですから、若くて爪の成長が早いときには
この爪半月が大きく、歳をとるに従って、
爪の成長が遅くなると、爪半月は小さくな
ってきます。


関連記事

夜に爪を切っちゃだめなのはなぜでしょう

足の指の爪に縦線が入るのは病気の兆候なのでしょうか

巻き爪になる6つの原因

巻き爪にならないための爪の切り方







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

夜に爪を切っちゃだめなのはなぜでしょう [雑学]



夜に爪を切ると早死にして自分の親の死に
目に会えない

という迷信がありますが、なぜこのような
迷信が生まれたのでしょう


よく言われる夜爪を切っちゃダメな理由

よく、その理由としてまことしやかに言わ
れるのは大体次の4つです。

行灯しかないくらい部屋

暗い中で爪を切ると怪我をするから

昔は、夜、行灯などしかなく、暗かったた
め、その暗い中で爪を切ると深爪したり、
怪我をしたりして

医療の発達していなかった昔は本当に命取
りになるかもしれない


言葉の語呂合わせ

夜「よ」と爪「つめ」の語呂合わせで「世
を詰める」=早死にすると言う意味に取ら
れた


爪が焼ける臭いが不吉だった

昔はいろり端の火を明かりとして使ってい
たので、そういう所で爪を切ると、爪が火
の中に入り焼けて

人が焼けるような臭いがしたのを嫌った

囲炉裏


夜遊びを戒める

爪を切るなということは、実は夜遊びをす
るなという意味だった

・・今でも船乗りが長い航海の後で、船の
中などで入港前に爪を切っていると周りが
ニヤニヤするとかしないとか
(延びた爪で女性の身体を触ると嫌がられ
るから・・・)


どれもありそうで、本当かいなという気も
します。

もしかしたらこれらが本当の理由かも知れ
ませんが

足の指本舗の、当ブログでは爪の機能に的
を絞って何で夜に爪を切っちゃいけないと
言われたのか考えてみました。


爪切り

夜爪を切っちゃダメな本当の?理由

足や手の指の爪は何のためにあるのでしょ


ネイルアートや、小指の爪を伸ばして耳垢
をホジホジするためにあるのではないです
ね(^^;)

足にしろ手にしろ、歩くときや、物を持つ
ときに指に大きな力がかかります。

この圧力を支えるためのサポーター役とし
て爪があります。

硬い爪が指の裏側で圧力を支えていない
と、指の筋肉や関節にものすごい圧力がか
かってしまって

長時間歩いたり、重い物を持ったりすると
いうことが難しくなってしまいます。

そして、それだけでなく、歩行を安定した
ものにしたり、指で物を持ったときに指先
がフラフラしたりしないようにする機能も
持っています。

野球の投手


例えば、野球の投手、

爪を爪切りで切ったりはしません

爪が伸びる前にこまめにやすりで爪を適度
な長さに調整しています。


どうしてかというと、

爪が伸びてしまうと、ボールが当たったり
して、爪が割れてしまうということを防ぐ
ということもあるのですが

それよりも、伸びた爪をいきなり切って、
短くしてしまうと、指先の微妙な押さえの
感覚が狂ってしまって

ボールのコントロールがうまくできなくな
ってしまうからです。

あるいは試合中に、手を洗ったりして爪を
濡らしてしまうと、爪が柔らかくなって、
同じようにボールの抑えが効かなくなって

やはりコントロールを乱してしまうことが
あります。


あるいは、硬式野球の硬いボールが、つま
先に当たるとすぐに足の爪が白くなって、
剥がれ落ちてしまうのですが

新しい爪が指先まで伸びるまで、ボールを
投げたり打撃をするときに

コントロールがきかなかったり、踏ん張っ
て力を出すのが難しくなったりします。

コントロールを失って打者にデッドボールを与える


で、なぜ夜に爪を切っちゃいけないかとい
うことに話を戻すと

例えば原始時代とかであれば

夜はいきなり野生の動物に襲われたりする
危険性があります。

そんな時に、爪は残された貴重な「武器」
となりますし

とっさの場合の踏ん張りも多少はしっかり
できるでしょう。

それが寝る前に爪を切っていると、微妙に
昼間とは感覚が違って、イマイチ力が入ら
ない

そういう部分があるのでは無いでしょうか

原始時代


戦国時代でも夜寝ているときにいきなり敵
の軍勢に攻め込まれる

あるいは、剣豪でも、寝ているときにいき
なり襲われるなんて場面が、テレビなどで
もよくあります。

そんな時にとっさに刀を取って、反撃しま
すが

爪を切っていると微妙に前日の昼間のよう
には、

足を踏ん張れない

手に力が入らない

そういうことがあります。

剣豪の斬り合い


わずかな身体の動きの遅れが、昔は致命傷
につながった

だから夜寝る前に爪を切っちゃダメ

という言い伝えができたんじゃないかと私
は考えているんですが

これもこじつけなのでしょうかね(^^;)


いずれにしろ、手足の指の爪は、自分の思
っている以上に毎日の生活で、私たちの身
体の働きをサポートしてくれている

ということは心にとめておいて良いと思い
ます。


関連記事

巻き爪にならないための爪の切り方

巻き爪の爪切りはなんでニッパ式が良いのでしょうか

巻き爪の人なら1つは持っていたいスワダの爪切り

足の爪が伸びるのはどうして、そのメカニズムは