So-net無料ブログ作成

外反母趾・内反小趾になる本当の原因 [外反母趾]



外反母趾・内反小趾になる原因はたった1つ

「足の指を使っていないこと」

って、それだけと思うかもしれませんが

結論的にはそれだけなんです。

外反母趾・内反小趾の原因になるハイヒールを履いている女性


もちろん、遺伝的な体質や女性が外反母趾になりやすいというのはあります。


なりやすい体質というのはあるのですが

基本的に足指を使っていないと、指の付け根の筋肉や靱帯が弱体化して指を支えられなくなり

外反母趾や内反小趾になるということなのです。


で、終わってしまうと意味不明ですので、もう少しかみ砕いて説明すると

元々足指や、付け根の筋肉、靱帯などが弱い人が

ハイヒールや先端のとがった靴などを履いていると、足指が押さえつけられて動かすことができなくなります。

その状態で、歩いていると、自然と足指を使わない歩き方になってしまいます。

足指を使わないで歩いている人

その結果、身体のバランスが崩れて腰痛やO脚になるなどの副作用が出てきます。


などということは今回のテーマとは違うので、この点には触れないで元の話に戻ると

元々足指や、付け根の筋肉、靱帯などが弱い人が足指や足底の筋肉、靱帯を通常の状態で使わないでいれば

当然これらの部分は退化するというかこれらの部分の力が弱くなって

その結果、足裏のアーチが保てなくなったり、足の付け根の靱帯が緩んできて広がった状態になってしまいます。

外反母趾・内反小趾になっている足の仕組み

そして、足の付け根がだらーんと広がればその反動で指先は真ん中の方に曲がってくることになります。
(外反母趾、内反小趾)

ちなみに、外反母趾・内反小趾のサポーターは、単に指先を拡げるだけでなく、指の付け根を締め付けるようになっています。


大雑把で少し乱暴な説明になりましたが、外反母趾・内反小趾の根本的な原因は足指の使い方が良くない事が原因になって

指の付け根が弱体化し、指をしっかり支えられなくなるということなのです。


関連記事

外反母趾を自分で治す、誰でもできる簡単な方法

足の小指が変形して痛いのも外反母趾なのでしょうか

開張足になる原因と外反母趾・内反小趾の関係

外反母趾の原因は運動不足と足の指を動かさないこと?







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。