So-net無料ブログ作成

外反母趾の人は巻き爪になりやすいのでしょうか [巻き爪]



外反母趾の人は巻き爪になりやすいのでしょうか


結論から言うと外反母趾の人は巻き爪になりやすいです。



どうしてかというと

外反母趾になる根本的な原因は、様々な理由から

足指や指の付け根の靱帯、筋肉の力が弱って、指の付け根付近のアーチが崩れ

足指の付け根付近が横に広がってしまうことが外反母趾の主な原因です。

正常な足の人のアーチ

アーチが崩れて外反母趾になった人の足

こういう風になると開張足といいます

となると

正常な人の足の骨格

正常な人だとこうなのですが

外反母趾の人の足の骨格

開張足になると足指が内側に曲がりやすくなります。



ということは

足指付近の筋肉や靱帯をしっかり使っていない(使えていない)
   ↓
足指付近の筋肉や靱帯が弱ってくる
(使わない機能は衰える)
   ↓
歩くときに足指を使ってしっかりと後ろに蹴り上げていない
   ↓
足指にかかる圧力が弱くなる
   ↓
足の爪にかかる負荷が少なくなる

となると、爪というものは元々手の指や足の指にかかる圧力をサポートするためにあるもので

この圧力を支えるためにアーチ型をしていて、

本来、かかるべき圧力がかからないということになると

爪のアーチは次第に強くなる

=爪が巻いてくる
   ↓
巻き爪になる

巻き爪になりやすい爪の性質

という因果関係が生まれてきます。

ということで、外反母趾になる人というのは

運動不足や加齢により歩行がうまくできない人
(足指のバネを使って歩行していない)

そして、足に合わない先の細い靴などを履いている人
(靴で足指ががっちり固められて足指が動けなくなっている)

ですから、爪の形も巻き爪になりやすい傾向があるということになります。


関連記事

巻き爪の苦しみから解放されるには本当の原因を理解しましょう

巻き爪ワイヤーガードを購入して後悔しないための口コミと評価

足の指の爪が肉に食い込んで痛いときはどうすれば良いの

足の指をしっかり使って歩かないと起きる4つの足のトラブルと肥満








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。