So-net無料ブログ作成

扁平足だと外反母趾になりやすいのでしょうか [外反母趾]



扁平足だと外反母趾になりやすいとよく言
われますが本当なのでしょうか

結論から言うと、扁平足の人は外反母趾
になりやすいし、逆に外反母趾の人は扁
平足になりやすいと言えます。

これは外反母趾も扁平足も同じような要因
で引き起こされることから、この二つの状
態は、ある意味連動しているということに
なります。

外反母趾の足
指の曲がりが15度以上は外反母趾


外反母趾が扁平足につながる理由

外反母趾は足先の細い靴を履いたり、運
動不足などによって指や指の付け根の筋
肉や靱帯が弱くなり

足裏の横側のアーチが崩れ、足底が横に
広がった上、指を支える事が出来なくなっ
て、内側に曲がってしまうことが原因です。

正常な人の足の構造

開張足の人の足の構造
開張足の状態が外反母趾を引き起こす

指の付け根が広がると指が曲がりやすくなる
開張足で指が曲がりやすくなる


それで、外反母趾になると、当然足の指や
足先に力が入りませんから、歩く時に足先
や足首を使って、後ろに蹴り出すような動
きが出来なくなります。

普通の人の歩行
普通なら指先や足首を使って後ろに蹴り出す動き

外に股歩き
足首が使えないと足先が邪魔になるので
がに股歩きになる


となるとどうしても歩き方が、足の裏のバ
ネを使わない、ぺたぺた歩きや、ガニ股歩
きになってしまい

そうなると足裏の縦のアーチにかかる負荷
も無くなってしまって、周辺の筋肉や骨が
弱くなって縦のアーチが崩れる

=土踏まずが崩れてぺたっとなってしまう

つまり、扁平足になってしまうということで
す。

人の足裏のアーチ
通常であれば縦横にアーチが形成される。


逆に扁平足の側から考えると

扁平足の原因は運動不足や、何らかの原因
で、足の裏(アーチ)を使っていない、あ
るいは足の裏を使った歩き方が出来ない

場合によっては体重の増加で、アーチが潰
れてしまう
(この場合もアーチのバネを使って歩くこ
とは当然出来なくなる)

扁平足

ということで、足底のアーチの部分に力が
入らないので、いくら指先だけに力を入れ
ても

足首を使って後ろに蹴り出すような歩き方
は出来ない

=ぺたぺた歩きやガニ股歩きになる。

となれば、足の指や付け根を使わないので
筋肉や靱帯が衰えて、弱くなり外反母趾の
原因となる

という状態になります。


根本原因は同じ

そもそも、外反母趾も扁平足も足の指や足
裏をしっかり使って歩けていないところに
原因がありますから

どちらが先に原因になるというよりも、同
じような要因が重なって、症状が進行する
といった方が正確で

それぞれの症状がさらにもう一方の症状を
悪化させるのを加速させているという面も
あります。


関連記事

扁平足(へんぺいそく)とは

外反母趾の原因は運動不足と足の指を動かさないこと?

扁平足だと足首や足が太くなるのでしょうか

扁平足を無理なく自分で治す方法







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。